保健師の仕事・いろいろな役割

保健師とは、厚生大臣の免許のもとあらゆる人が健康に過ごせるように病気の予防や保健に関する指導行為を行う人の事を指します。
ナースはすでに病気になった人を看護しますが、保健師はその手前の健康管理に携わる仕事ですね。

看護師の国家資格を取得した後専門の養成課程を経て取得できる国家資格で、この資格を持つ人の多くは地方自治体の公務員として働いています。
地域住民の健康増進のための種々の活動が主な仕事となっています。(行政保健師)

中にはさまざまな企業や学校・大学などの中で従事しサラリーマンや学生の健康管理のために働く保健師もいます。(産業保健師 、学校保健師)
ちなみに、養護教諭は教員免許が必要であり、学校保健師とはまた別の職業になります。

病人だけでなく、老若男女すべての人の健康のために働いています。そのため、病院だけでなく保健所・看護施設・学校・企業など活躍の場は非常に広く、現代病・生活習慣病の増加が叫ばれる今日ではこれらの疾病を未然に防いだり患者に改善のアドバイスをするなど、その需要がますます広がっています。
国の医療費削減という意味でも、重要な役割を担っていると言えますね。

職場としては、ほとんどが市区町村で働いています。その次に多い就職先が保健所です。
転職する人の多い看護師と違い、そういった現場で働く保健師は長期間離職しません。人気の職業であるため、求人数が少なく、看護師をしながら市役所などの募集を待っている人も多いです。
採用されるには公務員試験の勉強もしなくてはなりません。
また、勤務地が思いも寄らない場所になることも。たとえば東京都に採用されると、伊豆諸島などの離島勤務となる場合もあるようです。

給料としては、公務員としての年収となり、400万円~500万円程度といったところ。
夜勤が無い分、病院で働く看護師よりも少なくなることが多いです。