がん化学療法看護認定看護師の仕事

がん化学療法看護認定看護師の役割は、抗がん剤などの化学療法を受ける患者さんへの専門的な看護ケアや副作用のマネジメント、セルフケアの援助など。そして患者さんの家族を支え、安全を守っていくことです。

知識を持たない患者さんやその家族には、化学療法は複雑で不安要素も多くあるものです。効果は期待できるものの副作用があったり、長期間に及んだりすると、不安な部分が不信感になり治療事態が困難になります。
そこで患者さんやその家族に、納得がいくように説明を行い、安心して治療に取り組めるようにサポートします。

また治療中は投与管理する者と患者さんの間にたち、関連するすべてのスタッフと連携を密にしながら、抗がん剤の投与・副作用を抑制する薬の注射・痛みの抑制などをコントロールしています。
治療後・退院後の患者さんに起こりうる副作用やその対処の仕方について、患者さん本人やご家族に指導やサポートを行うのも仕事です。

新しい薬や、多様化する治療法に対応するため、つねに勉強が必要な分野でもあります。