がん放射線療法看護認定看護師とは

がん放射線療法の治療過程で起こる患者の身体や心のケアや、患者のご家族に対しての心理的サポートを専門に行うことが出来る資格です。
また、放射線療法を受けているがん患者に関わる看護スタッフの指導も主体となって行います。

全国のがん放射線療法を行っている病院で活躍することができ、需要もとても高い認定看護師の1つです。
放射線治療は、手術と比べても同等の効果が得られる場合もありますが、治療には2ヶ月以上かかることもあります。
副作用を予測してのケアや、生活指導、医師と患者の橋渡し的な役割も担います。他の看護スタッフに向けて、定期的に勉強会を開いている人も。

化学療法・手術療法と併用して行う場合も多いのでそのマネジメントには専門的な知識が必要になります。このような専門的な知識を持った看護師に対しては相応の待遇を用意している病院も多く、収入・活躍の場と共に今後期待が持てる認定資格です。

その多くは、質の高いがん治療を行なうことができる国が指定したがん診療連携拠点病院で働いています。