まず派遣看護師として就職したい病院で働いてみる

看護師になってから「辞めたい」と思ったことは、誰でもあるかと思います。
新聞や折り込み広告、フリーペーパー、ネットであれば転職サイトなどで求人情報を得ることができます。「辞めたい」という意識があるときは、自然とそういったものに目を通すことが多くなります。看護師の求人は絶えることなく、不況という時代の中で引く手あまたな職業です。

転職するきっかけとなった理由が「給与が低い」という点であれば、高額給与に絞って転職を検討することができますが、「人間関係」の場合、転職する前を同じ状況に陥るようであれば、転職した意味がない。転職は自分の状況を今よりも改善させたいという思いは根底にあるので、それをクリアするためにはどうしたらいいか、考えたとき「派遣」を利用するのは一つの手なのかと思います。

看護師の転職支援・派遣のサイトは多く存在します。大抵これらのサイトには転職して「高額収入!!待遇改善!!」そこには体験談も書かれています。そういった内容を読み、魅力的だと感じる人は多いと思いますが、私はそう簡単にうまくいくものだろうか?と逆に懸念してしまいます。

友人の看護師は、気になった職場へ派遣で働き、その末にここなら長く勤めてもいいと思い契約社員となりました。その話を聞いて、こんな手段もあるのだと思いました。

転職、一大イベント。退職した時点で社会的保障はなくなります。すぐに就職先が決まればよいですが、自分の理想に近い職場を探すとなれば、簡単ではありません。勤務している時から、探し始めておくことでスムーズな転職に繋げらるようにしていきたいものですが、中々そうもいかないことが多いが現実でしょう。派遣には紹介派遣というシステムがありますが、そこに就職することを前提に派遣に行くものです。これを利用するのも手なのかな、と思いますが、やはり納得できない職場であるとは限らないので、友人の看護師のように、ある程度見極める時間を持ち、自分で色々なとこで経験をした上で納得できる職場を見つけていきたいものです。