タトゥー(刺青)があっても看護師になれるか?

タトゥーや刺青があると、看護師にはなれないのでしょうか?結論から言うと、そのような法律はないので看護師になることは可能です。また、じっさいにタトゥーを入れている看護師さんも中にはいるようです。

当然患者さんや病院側には快く思われません。タトゥー(入れ墨)を入れている看護師さんも、リストバンドなどで見えないようにしているそうです。

ただ、看護学校によっては入学を拒否される場合があります。実際に陸上自衛隊看護学生募集要項には、条件として「刺青がないもの」と明記されています。
病院によっては採用しない方針のところもあるでしょう。

黙ってればばれないんじゃないかと思うかも知れませんが、職場にもよるでしょうが隠し通すのは難しいです。看護学校では学生同士で身体を拭く実習などもありますし、病院でも検診でばれます。

少なくとも以下の覚悟が必要になるでしょう。
タトゥーを禁止していない看護学校へ入る。入学後に学校に正直に言って相談する。タトゥーを禁止していない病院で働く。刺青は絶対に見えないように常に隠す。教員や同僚の偏見を跳ね返すように真面目に勤める。

当たり前ですが、看護師として働きたいならタトゥーは無い方がいいです。レーザーなどで刺青を除去することも検討しましょう。

レーザー、切除、皮膚移植などいろいろと方法があります。
火傷痕が残ってしまいますが、急ぎの方はアブレーションという方法もあります。