フライトナースになるには?ドクターヘリの看護師の求人

テレビドラマでも取り上げられたドクターヘリ。そのヘリコプターに乗り込む看護師のことを、フライトナースと呼びます。
フライトナースになるには、求人を探して応募すればいいというものではありません。

募集が出ているというわけではないのです。
まずはドクターヘリの配備されている病院の救命救急センターで働いていなくてはなりません。そこで仕事が認められ、推薦される必要があります。
特別な資格が必用ということはありませんが、各病院がそれぞれ選考基準を定めています。看護師としての5年以上の勤務経験、3年以上の救急医療の経験、救急看護師としてリーダーを務められるなどです。BLS、ACLS、J-PTECの資格は取得しておくべきでしょう。病院によって求められる年数などは違ってきます。

ほとんどの病院では、フライトナースは志願制です。ヘリが飛ばない勤務時間中は、救命救急センターで搬送されてきた患者の看護を行います。待機中も救急外来を手伝い、出動要請があれば数分で飛び立ちます。ヘリが飛べるのは日の出から日没までです。

ヘリに乗り、医師の指導の下、輸液や末端静脈路確保や、気道・呼吸管理などを行うのです。医師や患者家族とのコミュニケーション能力や、最新医療についての向上心のある人が向いています。

まずは、ドクターヘリの導入されている病院へ転職しなくてはなりません。
病院選びも含め、転職支援サービス(無料)に登録して、エージェントに相談するのが近道です。