ブランクが不安なら。看護師として復帰・再就職するポイント

病棟に勤務して、出産を機に退職したという元看護師はたくさんいます。子供が幼稚園に入るまで休職すると、ブランクが4年ほどになってしまいます。子供2人の育児のために、ブランク10年で復帰したいという方も。

経験が3年以上あれば募集は多いのですが、ブランクに対して不安に思ってしまう人も多いようです。
40代ともなると、看護師の激務に対して年齢的、体力的に心配してしまいますよね。

再就職された方たちが言うには、「5年のブランクがあるなら、また新人のつもりで一からのやり直し」であるということです。

医療機関以外の老人保健施設などに再就職を考える人もいますが、その場合看護師の人数が少ないため、責任は重大です。何年もブランクがあっていきなりは難しいでしょう。
規模の小さいクリニックならいいと思うかも知れませんが、最初から1人での勤務になることも。

やはり、ブランクのある看護師をきちんと指導してくれる病院・医療施設がおすすめです。
といっても、求人情報を見ただけでは詳しくはなかなかわかりません。

そこで、ブランクのある方は転職支援をしてくれる人材紹介サービス(無料)へ登録して、コンサルタントに正直に相談するのがいいでしょう。
自分にどんな経験があるのか、どこに不安を持っているのかを正直に話して、きちんと教育プログラムのある病院などを紹介してもらいましょう。

復職支援のセミナーなども定期的に開催しているので、まずは登録してみてください。