リエゾンナースになるには?必用な資格とその役割

リエゾンナースとは、精神看護専門の看護師のこと。患者やその家族の精神的ケアを行うだけでなく、看護師の相談などにも乗って、病院内のメンタルヘルスを支援します。患者さんに接する看護師のうつ病問題などをケアすることも重要な仕事です。

橋渡し・連携を意味するのがリエゾンです。精神科と一般心療科とを繋いだり、患者さんと医療者とのコミュニケーションを円滑に進めるのも役割です。

リエゾンナースになるには、資格を取得する方法があります。
日本看護協会による精神看護専門看護師を取得すれば、多くの病院へ有利に就職できますし、自分のやりたい仕事も任せてもらえるでしょう。
日本精神科看護技術協会による精神科認定看護師もありますが、日本看護協会にくらべると知名度はまだ高くありません。

資格が無くても、病院が独自にリエゾンナースの基準を設けて設置、命名している場合もあります。そういった病院で経験を積むのも将来に役立つでしょう。

リエゾンナースとして働くためには、資格取得に対して支援制度のある病院や、独自基準でリエゾンナースを設置している病院などの精神科の病棟で勤務をするのが近道です。

看護師専門の転職支援サイトのエージェントに相談すれば、あなたにあった病院を紹介してくれるでしょう。無料で登録・利用できる上に、非公開の求人にも応募できます。

>>こちらに登録して、リエゾンナースになりたい旨を伝えましょう。