医療福祉環境アドバイザーの資格取得

医療の現場において、患者やスタッフの精神面でのケアを行うとともに、感染予防を中心とした環境への関わりを主とした業務を行います。

受験資格:医療福祉検定協会が認定する民間資格です。受験資格はなく学生や一般の方でもうけることができます。
医療従事者が取得することで院内感染予防の中心となって取り組む知識を得ることができます。

活躍の場:主に医療の現場において院内感染予防に関する業務に対して需要があります。介護関係の職の方が取得することで老人ホームなどの施設における感染予防や、感染を発症した利用者・家族に対して適切なケアを行うとともに不安の軽減などの心のケアを行うことが可能です。

給与:実用的な資格ではありますが、給与面でのプラスという意味では加算されるところは少ないようです。しかし、スキルアップのための資格としては人気があり、需要もあるため、就職や転職の際において有効となります。

1級、2級、3級とあり、予備知識があれば2級から受験しても問題ないでしょう。
3~4ヶ月の勉強で1級を取得できるとされています。
公式サイトには練習問題もあるので挑戦してみましょう。