学校の保健室、医務室、衛生室(養護教諭)

いわゆる保健室の先生。必ず看護師の資格が必用というわけではありませんが、持っている人も多いです。必用な資格は養護教諭の教員免許。保健師の資格を持っていると単位修得により養護教諭の2種免許が取得できます。看護師の資格でも養護教諭特別別科のある大学へ一年通って養護教諭第一種免許を取得する人も。

養護教諭になるには、教員採用試験に合格する必要があります。

仕事としては、以下の通り。
ケガをした児童の手当てや病気の処置は、あくまでも病院へ行くまでの応急処置。診断したり、薬を与えるなどの医療行為は禁止されています。
春の健康診断などの計画や実施も。
通常他の教諭と違い、授業を受け持つことはありませんが、性教育などの特別授業を行うことも。
インフルエンザの感染予防など学校の衛生管理に関する仕事も養護教諭の仕事です。
つまりは、学校の保健に関することすべてを一人で行います。
また、不登校の生徒が教室へ入れず保健室へ登校することもあり、スクールカウンセラーのいない学校ではカウンセリング的な機能も求められます。生徒と担任教師とのパイプ役になることも。