小児救急看護認定看護師の役割

子供の権利と尊厳を守る看護師です。小児救急看護認定看護師の役割は大きく分けて2つあります。

1つは、救急外来におけるトリアージです。
最近、全国的な傾向として、軽症で緊急性のない患者が救急外来を受診するケースが増えています。
小児救急においても、親が昼間仕事があるからという理由で安易に時間外の救急外来に子供を連れてくるケースが目立ちます。
そのような軽症の患者たちの中に、少数ですが、重症な患者がいます。
重症患者を見つけ出し、長時間待たされないように調整したり、待ち時間の間に応急処置をしたりするのが小児救急看護認定看護師の重要な仕事です。

2つ目は、子供の事故防止の推進です。
未然に防げる事故を防止するための様々な情報提供を行います。
また、子供が家庭で急変したときにどう対応したらよいかの指導も行います。
児童虐待の早期発見や対応も仕事のひとつです。

その他には、育児不安や、虐待への対応なども。その活動は、病院内だけでなく地域においても期待されています。
小児科で働くナースが、いつかは取得したい資格と言えるでしょう。