手術室看護師になるには?オンコール待機のない求人も

手術というストレスの高い現場でやりがいと持って働いている看護師たちがいます。手術で器械出しなどの役割をになう手術室(オペ室)看護師になるにはどうしたらよいのでしょうか?

まず、手術室で働く看護師に特別な資格は必要ありません。病院で働く看護師が、手術室に配属されるとオペ室ナースとなるのです。

手術に参加して執刀医や助手に必用な手術器具を素早く手渡す器械出し看護師と、手術室の外を担当する外回り看護師がいます。日によってどちらかを担当する形になります。

オペ室の看護師は、病棟に比べて残業や夜勤が少ないのがメリットです。慣れれば、体力的な負担は少ない仕事と言えるかも知れません。残業代がない分、病棟看護師よりも給料は少なくなるでしょう。三次救急などを担う病院の場合は、オペ室でも夜勤があり、高い給与が支払われることも。

患者とふれ合う機会が少ないので、最初から病室看護師になって長く勤めると、病棟で働くのは難しいと言う人も多いです。小規模な病院の場合は、外来と兼務になることもあります。

待機当番というのがあって、週に1日~2日などオンコールに対応できなくてはいけません。オフですが、24時間電話で呼び出されたら出勤しなくてはならないのです。もちろんお酒も飲めません。

何よりも定時で帰れるというのが一番のメリットなので、子育て中のママさん看護師が手術室を希望することも多いです。今の病院でオペ室への異動の希望を出しても通らない場合は、転職も検討しましょう。

手術室看護師の求人は、経験者を優先的に採用するところが多いです。未経験でも採用してもらえるような求人を探すには、転職支援会社を利用すると効率的です。非公開の求人もあるのでコンサルタントに相談してみましょう。
オンコールの無い病院もありますし、手術室でなくても、定時で帰れる日勤のみの求人もみつかるかもしれません。