救急救命士になるには

救急救命士は救急の現場や救急車の中などで、医師の指示に基づいて救急救命処置を行う仕事をしています。
救急車に乗っている救急隊員のすべてがこの資格を持っているとは限りません。

自衛官や看護師などの仕事に付いている人の中にも資格を持っている人もいます。
看護師の資格があれば、救急救命士の資格は必用ないと言われますが、勉強したことは現場で役に立つでしょう。

国家資格であり受験資格を得るためには文部科学省か厚生労働省の認可を受けた救急救命士養成所で2年履修しなければなりません。しかし救急救命士の資格を取っただけでは救急隊員などとして働くことができるわけではなく、消防職員として働くために、消防官採用試験を受けて採用されなくてはなりません。
また消防署で5年間、または2000時間以上勤務した場合は、6ヶ月、もしくは1年、救急救命士養成所で必要な知識及び技能を修得すれば、受験資格が得られます。
養成所で2年間勉強して受験資格を得るか、現場で働きながら養成所に通うかという2パターンがあるということです。

現状では救急車に乗るのは3人が1セットでそのうち最低一名は救急救命士の資格を持っている隊員であることが目標とされています。
法改正により、救急救命士にできる処置範囲は広がってきています。