新生児集中ケア認定看護師

新生児集中ケア認定看護師は新生児看護のスペシャリストです。主に新生児集中治療室(NICU)で活躍しています。
未熟児や新生児の疾病、集中ケア方法に関する高度な知識や技術、その親や家族への配慮が求められます。

新生児の病気は時として重大な病気を抱える事があります。高齢出産や不妊治療による多胎出産など、ほんの少しの容態変化が命取りとなることもあります。
このような新生児の日頃の身体管理やケアを行い、容態の急激な変化の予測と予防を行います。
医師と連携して治療処置や検査のサポートも行います。またNICUに入った親や家族への治療的方針やメンタル面でのサポートを行います。

受験資格:
・看護婦等の資格や所定の基準に加えて、6ヶ月以上所定の講座を規定時間以上教育を受けている事。
・NICUでの実務が3年以上ある事。
・在胎32週未満の未熟児のケア。または、疾病を持つ新生児の生後1週間以内の重症集中ケア、かつその親や家族のケアを5例以上行ったもの。
・現在、NICUに勤務している事が望ましいとされています。

資格試験は1年に一回。有効期間は5年です。