一般的な日勤の病棟看護師の仕事内容と一日の流れ

病棟看護師の日勤時の仕事の流れを紹介します。病院によって引き継ぎの方法なども違うので、あくまでも一例としてご覧下さい。

7:40 更衣室で白衣に着替えて病棟へ
入院患者のなかで自分の受け持ち患者のデータをプリントアウト。検査予定などを確認しておきます。

8:00 朝礼(申し送り。交代あいさつ。カンファアレンス)
色々呼び方はありますが、朝の打ち合わせです。夜勤の看護師からの申し送り(引き継ぎ)やその日の入院予定などを確認します。ヒヤリ・ハットの報告なども。最近は全体の申し送りを廃止して効率を上げている病院も。

8:30 回診・看護ケアへ
まずは患者さん一人一人にあいさつです。バイタルチェックやガーゼの交換、検査への付き添いなどを行います。新しく入院してきた患者さんへ病棟を案内したり。

11:30 昼食・休憩
交代でお昼休憩です。ナースステーションでお弁当を食べたり。患者さんのお昼の配膳や食事介助も行います。

13:30 病棟カンファレンス・看護ケア
入院中の患者の臨床データや家族の要望などをもとに今後の看護計画を話し合います。午後は検査などが落ち着いてくるので、患者とじっくり会話するチャンスでもあります。

16:00 夜勤への申し送り
看護記録やリーダーへの報告、夜勤者への引き継ぎなどを行います。引き継ぎはリーダーが行うケースも。

17:00 プリセプティー(新人看護師)への指導など
プリセプター(先輩看護師)からプリセプティーへ指導したり、自主的に勉強したりすることも。

18:00 勤務終了
緊急入院などがあると定時に上がれないこともあります。