日本糖尿病療養指導士(CDEJ)とは

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)とは、糖尿病の患者さんの病状を把握して、病状が安定するように生活面のサポートや自己管理の為のアドバイスを行うことが出来る糖尿病治療のエキスパートとも言える資格です。

日本糖尿病療養指導士の資格試験を受けることが出来るのは、看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士の資格を持っている方だけになります。ですので、日本糖尿病療養指導士になりたいと思われている方は、これらの資格をまず取得する必要があるのです。
その他にも、条件を満たした医療施設で2年以上継続して糖尿病療養指導の業務に関わっていなければならなかったり、糖尿病療養指導の自験例が10件以上なければならなかったりと条件がたくさんあります。

そして講習会を受講し、受講修了証を取得していることも受験資格の大きな条件になっています。これほど厳しい条件をクリアして日本糖尿病療養指導士の資格を取得された方たちは、糖尿病と闘われている多くの患者さんの支えとなって全国各地の医療施設で活躍されています。5年毎の更新制です。

http://www.cdej.gr.jp/