男性看護師の需要が高い精神科・救急・オペ室などの求人探し

女性が多い看護師ですが、体力勝負で患者さんの移動などは力勝負。現場では男性看護師が求められています。特に精神科やOP室、ERなどは男性の比率が他より高くなっています。

精神科以外でも力仕事は多いですし、女性看護師の言うことを聞いてくれない患者が男性看護師の言うことは聞いてくれるというケースもあります。女性患者の清拭や排泄・入浴介助は拒否されることもありますが、逆に男性患者が男性看護師を希望することも多いです。基本的に異性に身体を拭いてもらうのは恥ずかしいという人が多いためです。
そういったこともあり、一般病棟でも男性看護師は貴重な存在で、産婦人科以外ではこれからもっと増えていくでしょう。

ハローワークでは、求人を出す際に年齢、性別の制限をつけた求人は出すことができません。対して人材紹介や転職支援などのサービスでは、看護師と病院とがお互いに条件が合うものを選別して紹介してもらえるので効率が上がります。
事前にある程度の情報がつかめるので、断られる可能性が低いんです。

あなたが働きながらでも、転職コンサルタントが病院を探してくれたり、面接や見学の日程調整、履歴書の書き方、退職届の書き方、面接への同行などもしてくれます。