病棟看護師の基本的な持ち物リスト

「なんか、たくさん付けてるのねぇ。でも必要なものなのでしょう?」
患者さんや患者の家族からこんな風に言われるのは身に着けている業務に必要なもの。病棟によって差はありますが、基本的なものは同じだと思います。基本的なものを紹介。

病棟の消耗品は除き、あくまでも個人が用意する範囲のものです。

1)時計:ナースウォッチもありますが腕時計を利用してる人も多いです。腕時計は腕にはつけません!患者さんに当たって傷をつけたり、不快感を与えないためです。

2)電卓:点滴の計算をするのに使います。看護師の通販カタログでは電卓とタイマーが1つになったものがありますが、消音機能がなく、音が大きめなので、使っていると目立ちます。夜勤で患者さんのベッドサイドでは使えません。消音機能がないことを知らずに購入して使っていたら「うるさいんだけど!!」と先輩から怒られました。100円均一でも買えますが壊れやすいので、個人的には無印の太陽電池の白の電卓がおススメです。

3)タイマー:看護師はどうしても掛け持ち業務が多くなります。ケアをしている最中に点滴の交換のタイミングがきたり…なので、タイマーをかけて忘れないようにします。タイマー2個も3個も持つのが嫌な方は、1つで2つのタイマー機能が使えるキッチンタイマーもあります。かわいいものでは、キティちゃんのタイマーもあります。

4)定規・瞳孔径がついているカード:鼻腔チューブの固定位置の確認や気管挿管チューブの固定位置を確認するのに使います。固定がズレていたら何処から何センチずれているか確認します。急変時に瞳孔確認もできます。個人的には看護雑誌の付録についてくる紙タイプの意識レベルが書いてあるものが使い勝手がいいです。紙なので患者さんにあたっても危険性は低いので。半年くらいでボロボロになりますが…。

5)4色ボールペン:紙カルテの場合、4色必須。経過記録にバイタルの値を書くのに使います。電子カルテならそこまでいりません。黒のボールペンは異常に早いので替え芯はいつも常備です。それか別箇に黒ボールペンを持つのもいいですね。

6)はさみ:刃先がとがっている普通のハサミはダメです。刃先が丸く保護されているものです!ポケットから落ちないように、置き忘れがないように、スプリングとクリップがついたポケットに止められるものがおススメ。

7)そのほか:蛍光ペンや油性マーカー。情報とって見やすくするのに使ったり、点滴に目安の時間を書くのに使います。

経験年数が浅い人ほど、じゃらじゃらいっぱい持っていることが多い傾向にあるので観察してみてください。
経験が浅い看護師にとっては大事なものなんです!!