看護師から目指す助産師

医師以外で助産行為ができる資格です。妊婦や新生児への保健指導を行なうことも業務としています。
病気になったときにお世話になる看護師さんと違い、助産師の方と接するのは、一生の間で出産に関連する一時期だけかもしれませんね。

たとえば、お産の介助だけでなく、授乳についてや育児相談など出産から育児まで、幅広く行なっているのです。
ですからこの資格は、女性限定となっています。

助産師が活躍する場所は、主に病院に勤務することが多いです。と言いますのは、今はこうした病院で出産する方がほとんどだからです。
他には母子健康センターや学校、助産院、保健所などです。

資格の取得方法としては、看護師免許取得者が助産師養成所で修業し、国家試験に合格するなどがあります。

助産師の初任給は、民間病院の場合ですと平均約26万円ということです。
年収としては年齢などにより400万円~600万円プラスボーナスが一般的ですが、医師と同様、開業が認められているので、助産院の経営者になることも可能です。
開業助産師になれば、経営次第ですがさらなる収入アップの可能性も。