看護師がスキルアップ・資格を取得してキャリアアップする方法

看護師がスキルアップするためには、独学では限界があります。
認定看護師・専門看護師の資格を取得できれば、やりたい仕事もできる上にキャリアアップにも繋がります。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師や、新生児集中ケア認定看護師など、より専門的な知識が求められるスペシャリストです。

病院のホームページでも、在籍している認定看護師のインタビューを掲載するなど、病院のアピールポイントにもなっています。当然、好待遇です。
そうなるためには、長期に及ぶ教育課程を修了して、認定審査に合格しなくてはなりません。

自分の努力が必用なのはもちろんですが、病院の理解・協力がなければこれらの資格を働きながら取得することは難しいでしょう。

もしも、今の職場にこれらの資格の支援制度が無ければ、残念ながら転職するのが近道です。

例えば、久留米大学病院の敷地内には認定看護師教育センターが併設され、がん化学療法看護・緩和ケア・がん放射線療法看護の 3つの認定コースが開講されています。
兵庫県立尼崎病院のように、休職扱いで大学院へ進学できる長期自主研修支援制度のようなものがあるところも。

スキルアップを考えている人は、給与や休日などの条件だけでなく、こういった資格取得の支援制度が用意されているかどうかも就職の検討材料にしましょう。

転職支援サービス(無料)に登録して、担当のアドバイザーに自分の取得したい資格について相談してみてください。
きっとあなたにあった職場を紹介してもらえます。

転職は、スキルアップのためのスタートです。これから大変かも知れませんが、頑張りましょう。