看護師が公立病院で公務員として働くメリット

看護師が公務員になるには、市立病院や県立病院などに雇われる必要があります。公立の病院の正職員になれば、地方公務員というわけです。
公務員試験を受けなくてはならないと勘違いしている人もいますが、その必要はありません。看護師として、病院の定める採用試験、面接などに合格すればOKです。

国立病院の場合は、現在は独立行政法人国立病院機構へと移行されているので、準公務員という扱いになります。郵便局員もおなじく準公務員ですね。
健康保険や年金は共済組合の保険になります。雇用保険(失業保険)には入らないのですが、退職手当がその代わりとなります。

メリットはあるの?
公立病院で働くメリットとしては、給料とボーナスが保証されているという安心感でしょうか。定期昇給で、年齢によって給料が高くなります。他には、仕事がきつくないという意見が多いです。あくまでも、一般の民間病院よりは楽なところが多いというだけで、もちろんハードな病院が無いとは言えません。

また、社会的な信用が得られたという看護師さんもいます。住宅ローンなどの審査、銀行からの借り入れなどで有利だったと感じだそうです。
福利厚生が充実していたり、年休がたくさんあるのもメリットですが、病院によっては年休をなかなか消化できなかったりという問題もあるようです。

看護師の待遇があまりよくない地方などでは、公立病院と民間の病院との差が大きくなりますね。お住まいの都道府県によって、いろいろな病院があるというのが現実のようです。
長く勤めれば、退職金とあわせると民間企業よりも生涯収入が高くなるというイメージがありますが、公務員の退職金はどんどん下がっています。

そして、分りやすい公務員のデメリットとしては、副業ができないというのもありますね。

転職する場合には、公立病院だからという理由だけで選ぶのはやめたほうが良いかもしれません。
求人サイトに登録して、コンサルタントに相談すればいろいろな病院の内部情報を教えてもらえるので、気になる病院があるなら登録しましょう。