看護師が育児で夜勤免除できる病院を探すには

看護師のみならず、妊娠、育児、介護による夜勤免除は労働基準法により保障されています。
妊婦の場合、何ヶ月から夜勤をしなくて済むのか気になりますよね。これは、自分で夜勤免除を請求することができます。

職場に迷惑をかけたくないという思いから、産休に入る1ヶ月くらい前まで夜勤に入っている人も多くいるようです。ただ、つわりなどがひどかったり、体調に波があると他の看護師の迷惑になる場合もあります。無理をして急に休まなくてはならなくなると、むしろみんなに負担を強いることになるでしょう。
そのため、妊娠の場合はなるべく早くに夜勤免除の申請をしてくれと言う病院もあるようです。

問題となるのは、育児などで夜勤が難しい場合です。産後に育児休暇から復帰しようとしたところ、夜勤をして欲しいと言われることも多いです。残念ながら、夜勤や残業を強要される職場はまだまだ多いのが現状です。

病院の看護師はたくさんいても、子供の母親はあなたしかいません。子育てに理解のある病院を探すことが、家族を守ることに繋がります。
夜勤専従制度を導入していたり、24時間対応の院内保育所があったり、柔軟に配置換えをしてくれる病院もあります。
そういった理解ある病院を探すには、実態をしっかりと分かっている看護師専門の転職サービスを利用するのが近道です。非公開の求人に応募できたり、病院との交渉などをあなたに代わって行ってくれます。