看護師の副業での注意点と根本的な解決法

給料が低いなど将来への不安や、親への仕送りなどのために、勤めている病院とは別に副業をしている看護師は多くいます。ただ、公立病院などでは公務員となるため、基本的に副業は禁止されています。公立で亡くても、常勤の看護師には副業を禁止している病院も多いです。

許可が必用な病院や、もちろん副業を禁止していない施設もあります。看護師として別の施設でアルバイトをするのが一般的でしょう。体力のある若い人は、別の病院などで夜勤のアルバイトをする人が多いです。

だまって他で働いていると、バレたら首になることも。ばれないと思っていても、税金などでばれてしまうことも。内緒で働く場合、秘密が守られるキャバクラなどの水商売や風俗などで働く看護師が多いという話もあります。

収入が複数からある場合は、基本的に確定申告をする必要があるので注意して下さい。

そして、本業で働いている病院へ迷惑をかけないようにしましょう。もし、お金の問題で別にアルバイトをしているのであれば、機会を見てもっと給料の良いところへ転職したほうがいいかもしれません。
いまのうちから人材紹介会社へ登録して、専門のコンサルタントに相談しておくといいでしょう。
場合によっては兼業可能な職場を紹介してもらえるかもしれません。