看護師の腰痛問題。ヘルニアになってしまったらどうする?

看護師にとって腰痛は職業病のようなもの。特に病棟勤務だと体位交換や排泄介助、ストレッチャーへの移動、入浴介助などでもどうしても中腰で力を使います。

コルセットで腰を守ったり、整骨院やマッサージに通ったりと腰痛の予防に気を遣う人が多いです。水泳などでトレーニングするもの効果的です。

それでも、腰椎ヘルニアになってしまう看護師も多いです。
病棟から外来勤務に都合良く移れれば良いのですが、腰がつらいのはみんな同じ。師長さんに相談しても、みんな腰が痛いのに頑張ってるんだと話を聞いてもらえないことも。自分だけ特別扱いしてもらうのに引け目を感じて、結局無理をしてしまう人も多いです。その結果、ヘルニアが悪化して退職せざるを得なくなることも。

解決策としては

・一端休職してヘルニアをしっかり治す
・腰に負担の少ない外来などに異動させてもらう
・きちんと調べて他の病院などに転職する

自分の身体を守れるのは自分だけです。融通が利かない職場なら、転職を検討しましょう。
ただ、せっかく転職してもまた腰を傷めてしまっては意味がありません。業務内容をしっかりと確認しておくのが何より大切です。

無料で利用できる転職支援会社への登録をおすすめします。ヘルニアであることを担当社に相談すれば、あなたにあった職場を探してもらえます。

腰痛が原因で辞めてしまったという人も、腰に負担の少ない職場がみつけられるはずです。