看護師はノーメイクでも大丈夫?

あまり濃い化粧をする看護師はいませんよね。あくまでも身だしなみとしてナチュラルメイクをしている人が多いでしょう。夜勤のときはノーメイクという人も多いですよね。看護師の化粧について。

メイクをしていないと、ずぼらだと思われる可能性がありますし、顔色が良くないと患者さんも安心できません。やはり明るい顔色の方が元気に見えますし、その方が相手にも元気を与えられます。看護師はある意味サービス業でもあるので、最低限のメイクはした方がいいという考える方が多いようです。

出勤前に化粧をするのが、仕事に対して気を引き締める儀式のようになって、集中力が上がることも。

アレルギー体質でメイクをあまりしたくない場合には、食生活などに気をつけて血行を良くして、顔色をよく保つようにするという人もいます。

自分の顔の印象を考えて、どんなメイクをしたら患者さんが安心できるのかを考えてみましょう。元の顔が派手なら、あまりメイクしない方がいいかもしれませんし、メイクをしないときつく見えてしまう人もいますよね。どの年代の患者さんが多いのか、同僚のメイクの濃さはどのくらいなのかも参考になるかも知れません。

もちろん付け睫毛などメイクをし過ぎの場合はよくないでしょう。
職場の飲み会などプライベートではきちんとメイクをして、普段とのギャップに驚いてもらうのが楽しいという看護師さんもいます。