看護師長って何するの?仕事内容・業務と役割について

各病棟の責任者です。担当病棟全体の運営や安全管理を行い、組織の目標達成をめざします。そのために臨床実践能力や後輩看護師への教育能力などが求められる役職が看護師長です。

具体的な業務の一部としては、次のようなものがあります。

  • 当直師長としての勤務
  • 看護師の勤務予定表作り
  • 病院の運営委員会への出席
  • 看護師の看護研究の内容チェック
  • 病床の効率的なベッドコントロール
  • 院長や教授などの総回診への同行

看護における技術力はもちろん、現場がスムーズに回っていくための人間関係についても把握して潤滑油とならなくてはなりません。看護師たちが安心して働ける環境をつくるのは大変です。医師と看護師との橋渡し役も務めなくてはなりません。
病棟で起きる各種問題について解決するために行動するのが看護師長ということです。

技術だけでなく、リーダーシップや包容力など人間的な魅力のある人が最適と言えるでしょう。経営側と看護スタッフとの板挟みにあう中間管理職でもあります。