看護師長になるには?年収アップが目的なら

現在、看護師長になるには、大卒で無くてはならないという決まりはありません。ですがこれからは専門看護師の数も増えていくでしょう。そのため、看護師長や看護部長になる人の多くは、院卒などの学歴がる人が多くを締めていくと予想できます。

まだ大卒の看護師がそれほど多くない現在では、学歴が高い方が昇進が早いことも。病院によっては年功序列で管理職になってゆくところもありますし、逆に能力があれば若くても看護師長に抜擢されるところもあります。

国立病院などでは昇任試験を受ける必要があります。その他の病院では資質やキャリアなどをみての推薦なども。

あなたはなぜ看護師長になりたいと思っているのでしょうか?
給料をアップしたい、上を目指して自分を向上させたいなどの理由なら、師長にならなくても目的は達成できるかも知れません。

給料の高い病院へ転職すれば年収は上がりますし、認定看護師や専門看護師の資格を取得すれば、必ずしも看護師長にならずとも自分を向上させられます。

どうしても看護師長になりたい場合、今の職場ではまだ無理そうであれば、看護師長を募集している病院を探すという方法もあります。師長未経験でも、主任経験者であれば応募できる求人は簡単には見つからないかも知れません。
転職支援会社を利用すれば、数ある未公開求人に応募できるので可能性が高まります。