糖尿病看護認定看護師の役割

糖尿病看護認定看護師とは、公益社団法人 日本看護協会が認定する資格認定制度の一つで、糖尿病患者の血糖パターンマネジメントやフットケアなどの疾病管理と療養生活支援を看護分野とした認定看護師の事です。

今や、男性の6人に1人は糖尿病患者だとも言われます。最初は自覚症状も無いため治療が遅れることも。
怖いのが合併症で、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などで亡くなる人も多いです。

患者は血糖値を一定の幅に保つ必要があります。食事療法や運動療法などの自己管理も必用なため、糖尿病看護認定看護師は心理的なストレスの緩和など患者や家族の相談にも対応します。

合併症を持つ患者には、院内での他職種とのチームによる看護も期待されます。
インスリン注射の指導や、フットケアも大切な仕事です。慢性疾患であり、一生付き合わなくてはならない病気なので、認定看護師に期待が集まります。
患者が、生涯にわたってうまく糖尿病と付き合っていけるようにサポートするのが役割と言えるでしょう。

認定されると、日本看護協会のホームページ上に氏名と所属施設名が公開され、第三者にたいして資格を有している事を証明することが可能となります。