視能訓練士の仕事

視能訓練士とは、視機能の治療を必要とする患者に対し、医師とともに視機能検査や視機能回復のための訓練・治療に従事する者およびその国家資格のことを指します。

視能訓練士の資格は、高校卒業に加え所定の教育課程を修了させ国家試験に通過すると取得することができます。

この資格の有資格者は目に関わる様々な場面に携わっています。

例えば斜視・弱視などの患者に対して回復のための訓練および検査をする「視機能矯正」と呼ばれる分野での活躍や、眼疾患の予防・早期治療のために眼科の集団検診への協力などがあげられ、視力が低下してしまった患者にリハビリを指導したり、視機能の補助のための器具を選定しその使用法の指導などをおこなうこともあります。

またそれら個別的分野だけでなく、眼科の一般的な疾患における検査や眼鏡・コンタクトレンズを処方する際の検査も担当しています。

病院の眼科や、眼科医院、保健所をはじめとした医療行政機関などが主な職場になります。
最近ではレーシッククリニックの求人も増えています。