訪問看護の求人《病棟勤務から未経験での転職は?》

基本的に看護師は一人で訪問するので、自分で評価・判断する必要があります。訪問看護はある程度の知識と臨床経験が必要になります。病棟での経験によって得たスキルが求められます。呼吸器を扱うような病棟での経験があればなお良いでしょう。

出産・子育てによるブランクがある人も、夜勤が無いので訪問看護で復帰したいと考える人がたくさんいます。経験が足りないと思うのであれば、総合病院に転職して技術を身につけるというのも方法です。自信をつけてから訪問看護に行っても遅くありません。大手企業の場合、バックアップ体制があって安心です。万が一の場合はPHSで相談できることも。研修などできっちりサポートしてくれるところを選んでもいいかもしれません。

また、訪問看護ステーションによって利用者層に偏りがあります。脳梗塞などの既往がある人が多かったり、ターミナルケアやリハビリが多かったりなどです。事業所によってはあなたの経歴が活かせるところもあるかもしれません。精神病院であれば、精神疾患のある利用者向けの訪問看護ステーションがあることも。

夜勤は無いけど電話対応が大変という人も。また、夜間や休日はオンコールを担当しなくてはならないことも。中には、探せばオンコールなしの求人もあります。

自分にあった職場を探すために、人材紹介・転職支援サービスへ登録することをおすすめします。看護師専門の転職コンサルタントがあなたに向いている訪問看護ステーションを探してくれます。

一人の患者と深く関わる仕事ですし、お看取りや家族を癒やすエンゼルケアなども行います。むずかしい分やりがいも感じる仕事です。