認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師はその専門知識を生かして、患者の治療計画を立案したり周囲の環境を整えることが求められます。

また認知症は患者本人だけでなく、家族や周囲の人間にも心の負担がかかる病気です。症状や進行度によっては在宅での療養になることも多いため、ケアの方法を家族へ丁寧に指導することも大切な役割となります。

社会が高齢化するに伴い、認知症患者は年々増加する傾向にあります。認知症の方が急性期病院へ入院してくることもありますし、逆に入院したことをきっかけにせん妄を引き起こす高齢者の方も多いです。

それでも認知症に対する理解やケアは、まだまだ確立されていないのが現状です。患者さんにあわせた対応が必要になります。
認知症については患者の生命だけでなく、患者や周囲の人間の生活の質を尊重し、保護することが社会から求められています。

また、民生委員の集まりで認知症についての講義を行なうなど、地域に根付いた活動を行なっている人もいます。
このようなことから認定看護師の役割は、今後特に重要になっていくでしょう。