音楽療法士になるには

音楽療法士とは音楽の持つ心理的・生理的働きを生かしたリハビリテーション・セラピーを行う専門家のことです。認知症や精神障害、脳性まひ、自閉症、事故などによる後遺症を抱えた患者などに音楽を用いて心身障害の回復や機能の改善を図ります。

実際の現場でのスキルですが、楽器を演奏できるスキルに加えて音楽に対する理解が深いこと、音楽のジャンルにこだわらず、音楽全般が好きであること、また患者にとっての癒しとなるように、他の人をよく理解するための知識やスキルも必要です。

この音楽療法士になるには、日本音楽療法学会の正会員であり、同学会が定める「日本音楽療法学会認定音楽療法士認定基準」を満たしていなければなりません。試験は同学会に申請して書類審査と面接審査があります。

または同学会が認定する大学または専門学校の「音楽療法コース」を卒業した人にも資格取得の機会が開かれています。

アメリカやドイツなどの音楽療法先進国といわれる国ではすでに音楽療法が有効な治療法として認知・確立されています。そのため音楽療養士の活躍の場も多くありますが、日本ではまだまだ一般的な治療法とはいえません。今のところ福祉関係の施設や養護学校といった場所での仕事が主です。ですが、最近では特に若い世代の間でマタニティミュージックやヒーリングミュージックなどが広く受け入れられるようになっていますので、これから将来音楽療養士の活躍の場も広がっていくと考えられています。