IVR看護師の認定資格について

日本IVR学会が認定を行う専門資格、IVR看護師という資格があります。IVRとは、放射線診断技術の治療的応用のことを意味します。

X線透視像、血管造影像、US(超音波)像、またはCT像などの画像診断を行いながらカテーテルや穿刺術による治療を行うことです。
開腹手術を行わず、できるだけ傷を残さずに病気を治療する方法です。これは病気の部分だけを治療でき、入院期間の短縮にも繋がります。
そのため、高齢者や進行の進んだがんの治療ほか、大量出血での救命、血管などの閉塞や動脈瘤に対する治療など、幅広い分野に応用されています。

受験資格は、まず看護師免許、学会専門医のもとで5年間に100例以上のIVR看護経験をすること。さらに学会主催の講習会に2年間で1回以上参加していることなどです。


※追記
「日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)」との共同運用となり、「インターベンションエキスパートナース(INE)」となりました。
受験資格などに変更はありません。すでに資格取得済みの方は、そのまま継続となります。